超便利!ビニール袋の意外な使い道10選!

溜まったビニール袋のいい使い道がないかな?と思ったことはありませんか?

これが意外と結構あるんです。

食事編と生活編に分けて、それぞれ5つずつ計10個書いていこうと思います。

 

食事編

まずは食事編です。

 

1.おにぎり作り

ビニール袋に、(塩と)温かいご飯を入れ、入り口付近を持ち、ご飯を2つに分けぶんぶん振り、形を整えて出来上がり!

1個ずつねじれるので、真ん中から1個分ずつ袋を切って輪ゴムで留める。

お好みで具材、のり、ふりかけなどを加える。

 

2.味玉づくり

ビニール袋にゆで卵を入れ、めんつゆを注ぎ空気が入らないよう袋をぴっちりしばる。

卵の売られていたときのパッケージ容器に入れ、一晩つけてできあがり。

 

3.ゆで卵のみじん切り

ビニール袋にゆで卵を入れ、お好み細かさになるまで手で揉みつぶし、お好みの細かさになったら完成。

(この袋の中に直接マヨネーズ等入れて卵マヨやタルタル作って、絞り出して使えます。)

 

4.肉を美味しくする

肉をポリ袋に入れ、そこにはちみつを入れ、袋の上から揉む。

これを冷蔵庫で30分くらい寝かせれば出来上がり。

 

5.食材に粉を付ける

ビニール袋に食材と薄力粉やベーキングパウダーなど付けたい粉を投入し、空気を入れて膨らませ、かしゃかしゃと振る。

 

生活編

続いて生活編です。

 

6.布団代わり

新聞紙を丸めて袋に詰めるだけ!

この中に足を入れると空気の層が熱の放散を防いでくれるので、意外と暖かくすごすことができます。

 

7.袋栽培

袋に土を入れて、苗を入れ野菜を栽培する方法。

ただし、植物が根を伸ばす空間が限られているので、袋の素材や性質に応じた良質の培養土を用意することが最も重要なポイントです。

 

8.上着を着るとき

着る人の手のひらにビニール袋をかぶせてから、上着を着る。

そうすると、上着を着る時に長袖のシャツやトレーナーが、袖の中でずり上がりません。

 

9.汚れや油取りに

半透明のビニール袋には、油を吸着する性質があるので、台所で油をこぼしてしまい、拭き取っても油膜が残っている場合などに使うと綺麗になります。

透明や不透明のビニール袋は使えません。

同じように、化粧を取らずに油だけを吸い取ってくれるためお化粧直しにも活用できます。

また風呂の床にこびりついた湯アカは、中性洗剤をかけて、ビニール袋でクルクル円をかきながら磨くと綺麗にアカが取れます。

ビニール袋はスポンジと違い、洗剤を吸収することがないのでより洗剤の効果が発揮できます。

 

10.赤ちゃんが泣きやむ

泣いている赤ちゃんの前でビニール袋を揉んで音を鳴らすだけで、赤ちゃんを泣き止ませることができます。

 

まとめ

いかがでしたか?

買い物で使ってそのまま捨ててしまってはもったいないですね。

ビニール袋を有効活用していきましょう!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です